Print PDF

特許の取引および戦略的カウンセリング

戦略を策定し、見返りを認識する
変化の早い今日の世界市場では、技術および科学におけるイノベーションはあらゆる規模の企業にとって競争上の優位となりますが、イノベーションの創造のみでは十分とは言えません。元となる知的財産権の管理が業務戦略の鍵となります。実際、企業の知的財産権戦略により商品の開発方法や新規市場への参入の是非、場合によっては企業の成功そのものが定まる場合もあります。  Finnegan は、積極的かつ一歩先を行く保護や特許の全体像の包括的分析、潜在的問題および現実的な解決策の特定、資産の評価など知的財産権資産の有益な利用法、ならびに長期的に収益を生むための戦略、訴訟や異議申立に重点的に取り組んでいます。当事務所は、依頼人の問題特定および解決、業務目標推進のための創造的解決策作成を支援しています。

当事務所の知的財産権取扱分野は、バイオ技術や電子、医薬品、製造など、産業のほぼすべてに及んでいます。神経生物学から電気工学に至る分野を専門とする博士号取得者を90名以上擁し、あらゆる業界におけるクライアントニーズに応えています。当事務所は全世界に事務所を展開しており、25 か国語以上に対応する専門スタッフがいます。これにより、米国での知的財産権を巡る法的問題について、全世界のクライアントの要望に対応することができます。  

全貌を見極め、可能性を探る
立ち上げ段階の革新的な企業や多国籍企業、知的財産権をビジネスの原動力としている組織は、知的財産権の問題に直面した際、当事務所にガイダンスを仰いでいます。各クライアントの業務、および法務、技術部門スタッフと共同で業務目的に沿った知的財産権ポートフォリオを作成します。法律および技術面での豊富な経験を基に、クライント独自のニーズに対応したプログラムを作成します。事業計画は知的財産権によってしっかりと保護されている製品を軸に展開される必要があります。それは後の抵触を回避するためでもあります。当事務所では現在そして将来のポートフォリオの査定を確実に行います。その際必然的に資産の特定や優先順位付けなどが必要となってきます。それを受け、技術のライセンス供与や重要度の低い資産の売却による収益獲得、資産の無償供与または放棄によるコスト削減、買収による既存ポートフォリオの強化または拡張を行うことも少なくありません。  

適正評価を行い、信頼を高める
状況の変化が速く、プレッシャーの中で決断が必要となる合併や買収、パートナー契約、投資取引では、正確かつ包括的な知的財産権評価の入手が不可欠となります。現在係争中または将来発生する可能性のある訴訟の行方や企業の知的財産権契約が譲渡可能か否か、知的財産権の範囲および所有権などが、第一に考慮すべき問題となります。つまり、個別にライセンス契約を結んだ特許の有効性またはポートフォリオ全体の精査による評価となります。

当事務所はさまざまな技術を深く理解し、知的財産権関連法に精通しており、知的財産権取引の際に発生するあらゆる問題に対する企業の迅速な対応を支援し投資家の疑問に的確かつ正確に答え、リスクを適宜分散する条項を盛り込んだ契約を作成することが可能です。取引を公正なものとするため、知的財産権資産についての問題を絞り込んだ高度な分析を発行時に行います。 

当事務所が成功をおさめてきた適正評価は、Exxon と Mobil の合併のような複雑な案件や、資金調達を検討しているまだ立ち上げ段階のバイオ企業のインライセンス契約分析などさまざまです。当事務所はその業務規模と経験を活用して主要問題を直ちに特定するチームを結成、リスク軽減のためのオプションを提案します。またクライアントが司法取引での立場を有利なものとするための戦略も策定します。適正評価調査は、交渉開始時に行うことが理想的です。知的財産権ポートフォリオの一貫した価値分析を行い、案件に影響を及ぼす問題への是正措置を生み出します。 

ポートフォリオを掘り下げて問題の所在を明らかにし、業務の観点から知的財産権資産を考える
これまでの枠組みを離れ、御社の資産をより大きな流れで考えることで、市場における御社の位置が明らかとなり、業務展開の障害となる点が露見し、業務を確信を持って進めることができるようになります。

当事務所ではこれまでの経験を生かし世界中の先行技術や文献、関連特許を検索することが可能です。いち早くしかも誰もがわかりやすい形で必要な情報を拾い出します。とはいえ、データの解釈や市場という枠組みの中で知的財産権戦略を構築する際にデータをどのように利用できるのかという点については、人間の知識や経験に優るものはありません。当事務所は、自社の特許の長所や広がりを把握し、問題への対応策を導き出します。社運のかかった意志決定にはこうした洞察なしに成功は見込めません。

カウンセリングと鑑定を通じクライアントの知的財産権資産を評価する
御社が訴訟や新規事業への進出、画期的商品の開発、ポートフォリオ マイニング、特許のライセンス供与や売却を検討している場合、現在の法的および業務上の立場やリスク、選択肢について理解する必要があります。Finnegan は、正しい決定を下すのに必要な情報やガイダンスを提供いたします。  

毎年、特定の特許についての鑑定から、複雑なポートフォリオや訴訟についての長期にわたる継続的なカウンセリングまで1 年に数百もの鑑定を行っています。定期的に特許の有効性や実行可能性、迂回設計の問題、ライセンス供与の可能性、知的財産権契約の作成および実施、輸出管理など、幅広く対処しています。また、クライアントの法務および技術スタッフと連携を組み、アイデアの段階から売上を生むポートフォリオに至るまで可能性を検討していきます。

取引に関するカウンセリングに加え、訴訟前の戦略についても定期的に助言を行います。当事務所ではこれまで多数の訴訟案件を扱っており、提起される可能性がある問題がどのようなものか熟知しています。これまでの豊富な経験を活用することで、有利な形での解決に導けるよう努めています。

ライセンス供与やプーリング、その他の取引により価値を生み出す
特許や企業秘密、知的財産権ポートフォリオの一部を活用することで、新たな売上の生成や新規市場の開拓、競合他社の排除が可能になることが少なくありません。当事務所では、小規模の起業家や Fortune 50 に名を連ねる大企業までほぼ全種類の知的財産権関連の取引について助言を行っています。多額の売上を生むライセンス供与プログラムの立ち上げや実行でクライアントを支援し、共同で特許をプールし規格の問題に対処してきた経験もあります。当事務所の法律および技術面での経験や知的財産権資産の活用という実務経験が、クライアントの戦略構築に寄与しています。世界的なものとなることも多い知的財産権の取引には、法律と技術に精通し、実務に長けたパートナーが必要です。

取引の内容は単純なライセンス供与から、当事者双方に商品および市場へのアクセスをもたらす複雑な戦略提携まで多岐に及びます。当事務所は、既存の知的財産権からのロイヤリティ収入発生の可能性を分析し、ライセンス供与プログラムを作成、実行し、収益の極大化に努めます。初期の機密評価契約から実行される知的財産権契約のポートフォリオ管理に至るまで、取引プログラムのすべてについて助言を行います。また、ビジネスの発展に伴い、契約に記載された義務の履行または変更についても助言します。 

Finnegan はそういった取引での経験が豊富にあり、知的財産権のライセンス供与の分野を常にリードしてきました。当事務所の弁護士は、ライセンス協会の設立および運営を支援し、米国内外で今後も指導的役割を果たしていきます。また当事務所は、知的財産権取引法の権威として認められており、ライセンスに関する非常勤教授を務め、取引に関する著書も執筆していることから、多くのクライアントから高い信頼を得ています。

輸出管理および規制ガイダンス
国際的な特許戦略を作成するには、貿易および輸出管理に関する規制・管理要件の動向を注意深く把握する必要があります。対象は広範に及び、物品およびソフトウェア、技術を輸出する米国の企業または組織、ならびに自社製品の当該輸出を行う米国以外の企業が影響を受けます。現在世界的に、輸出管理の実施は厳格化の傾向にあり罰則は厳しいものとなっており、規則の遵守が必須となります。微妙なニュアンスを理解できないと、主要市場へのアクセスが閉ざされ過失による輸出規制違反により罰金を科され起訴される可能性も出てきます。

当事務所は、この特殊分野で非常に深い経験を有しています。豊富なリソースを生かし、物品やソフトウェア、技術の輸出に関する複雑な米国の規制についてガイダンスを行い、クライアントに知識の伝授を行うことも可能です。輸出規制についての助言、区分についての鑑定を定期的に行います。ライセンスまたはライセンス除外の申請も引き受け、必要な場合にはクライアントの代理人も務めます。 

政府契約
革新的な企業は、米国政府が新規市場参入および収益増加の機会を設けていることを知っています。しかし、この米国政府との共同作業では、多くの場合知的財産権保護に際し、独特の法的ニュアンスや複雑な文脈を読み取る必要が生じます。たとえば、御社の社外秘の情報が、情報公開法により公開を余儀なくされる場合があります。会社を守るためには、経験豊富な現行法を熟知し過去 40 年にわたり法改正に関わってきた規制の問題点を理解している法律事務所が必要です。

Finnegan は、事実上すべての連邦研究助成機関を含む、多くの連邦機関および省庁の代理人を務め、それら組織と協同作業を行ってきました。政府との交渉では、政府契約に関連する複雑さを理解することが必須となります。当事務所では経験、専門知識を活用し、チャンスや問題を迅速かつ効率的に特定します。

研究開発費の急増により、官民協力による研究は革新的な研究のための資金調達方法として重要性を増しています。Finnegan は、御社の助成金取得または国立研究所および助成機関と協同で革新的ソリューションの研究を行う際の御社の権益保護に努めます。